iOSアプリ開発:アプリのインストールとリリース

# アプリのインストール

既存のプロジェクトに、新たに人を追加する際のフローです。

## アカウント

  1. iOS Developer Programに参加(有料登録必要ない)
  2. 管理者にTeamにメンバーとして招待してもらう。

## 証明書

  1. 証明書を作成、アップロード
  2. アップロード後、管理者に承認してもらう
  3. 承認後、証明書をダウンロードして、ダブルクリック

## UDIDの登録

  1. iPhone接続後、iTunes > iPhone > Summary > Serial Numberをクリックして、UDIDを表示
  2. 右クリックでコピーして、UDIDを管理者に送信
  3. 管理者はUDIDを登録

## プロビジョニング

  1. Xcodeでプロジェクトを起動
  2. Xcode > Preferences > Accountsタブ > +をクリックして、自身のアカウント追加
  3. 追加後、チーム名を選択 > View Details > 更新アイコンをクリック
  4. 「Signing Identities」に「iOS Development」があるか、「Status」が「Valid」か確認
  5. 「Provisioning Profiles」に「Team Provisioning Profile: *」があるか確認

もし、Provisioning Profilesが空の場合、ダウンロードしてください。

## Installation

iPhoneをMacに接続して、Xcode > Product > Run

# アプリのリリース

 ## 確認

  1. サポートするiOSのバージョンの確認。Xcode > Project選択 > Infoタブ > Deployment Target
  2. シミュレータ、実機、AdHoc配布して動作確認

## VersionとBuildを更新

Xcode > Project選択 > Generalタブ

Version: ユーザーに見えるバージョン番号

Build: アプリがインストールされたOS内でアップデートを確認するためのバージョン番号

参考:よく分かる!iOS アプリのリリース手順のまとめ

## Archive

管理者アカウント兼配布用証明書のプライベートキーを持っているユーザーで実行

Xcode > Product > Archive を選択

Archiveが完了後、Validate -> Submit でアプリをiTunes Connectに送信

## アプリ情報の更新

iTunes Connect > My Apps > アプリ名 をクリック、下記を更新

  • アップデート内容を説明する文章
  • スクリーンショット
  • App Preview Video

更新後、submitして、審査を待ちます。

comments powered by Disqus