iOSアプリ開発:DeployGateを利用したAd Hoc配布

注意:管理者アカウント兼配布用証明書のプライベートキーを持っているユーザーのみ実行できます。また、既にリリース済みのアプリを例にまとめています。

# 配布用証明書の確認

Xcode > Preferences > Accountsタブ > チーム名選択 > View Details

ios5

「iOS Distribution」が見つからない場合は、iOS Distributionの証明書があるか確認してください。

配布用証明書がない場合、または、Invalid/Expiredの場合、「App Store and Ad Hoc」用のCertificateを作成・ダウンロード・ダブルクリックしてください。

※ 配布用証明書のプライベートキーがない場合も新たに作りなおす必要があります。

配布用証明書のプライベートキーの確認は、Keychain Access > サイドバーのCertificates > iPhone Distribution: 会社名 の横に矢印アイコンがない場合、プライベートキーが紛失してる可能性があります。

ios6

また、下記のようなメッセージが出た場合、配布用証明書のプライベートキーがない可能性があります。

Your account already has a valid iOS Distribution certificate

# 配布用プロビジョニングプロファイルの確認

  1. 配布用プロビジョニングプロファイルをクリック > Edit
  2. 配布用証明書と紐付いているか確認
  3. 配布したい端末に✓が付いているか確認
  4. 問題なければ、プロビジョニングファイルをダウンロード・ダブルクリック

※ 新たに端末を追加する場合は、端末を追加後、配布用プロビジョニングプロファイルを編集して、その端末を追加してください。更新後、ダウンロード、ダブルクリックで完了です。

# Version、Buildの数字を更新

ios7

# アーカイブ

  • Xcode > Product > Archive > Export > Save for Ad Hoc Deployment
  • *****.ipaを保存

# 配布

*****.ipa をDeployGateにアップロードして完了。

アップロード後、DeployGateのメンバーに更新通知メールが送信されますが、少し時間がかかるときがあります。

## コマンドラインからpush

$ gem install dgate

$ dgate push *****.ipa -m ‘optional message of this push’

※ shenzhen使うのもオススメです。

## DeployGateにメンバー追加

ios8

追加後、メンバーにメールが飛ぶので、iPhoneのSafariからアカウントの作成、構成プロファイルのインストールで完了です。

メンバー登録完了後、DeployGateのUDID一覧からUDIDをコピーして、端末の追加プロビジョニングの更新をします。

# 配布方法の比較

## TestFlight

  • テスターの端末のUDID必須
  • Ad Hocプロビジョニングファイルに設定必須
  • TestFlightアカウント必須
  • Androidは非対応

## Apple(TestFlight)

  • UDIDやAd Hocプロビジョニングファイル不要
  • iTunes Connectでテスターの管理
  • 既にApple IDとiTunes Connectのアカウントが紐付いているユーザーをテスターとして招待できない
  • Androidは非対応

詳細:iTunes Connect Developer Guide

## DeployGate

  • テスターの端末のUDID必須
  • Ad Hocプロビジョニングファイルに設定必須
  • DeployGateアカウント必須
  • Androidもサポート














comments powered by Disqus