学生インターン募集

無料でプログラミングが学べる

Fjord Boot Camp(フィヨルドブートキャンプ)というサービスをやっています。詳しくはリンク先を見ていただければわかるのですが、ざっくり言うと「プログラマーとして就職するための就職支援サービス」。プログラマーとして就職するためのスキルを身につけ、就職したときに就職先の企業から学費を支払ってもらうので、無料でプログラミングを学べる、というのものです。

オンラインの学習システムを使ってプログラミングを学んだり、わからないことを質問したり、Fjord Boot Camp参加者と交流をしたりすることができるので、Fjord Boot Camp に参加することはプログラマーとして就職するためのスキルを身につける近道です。一通りのカリキュラムをこなせば Ruby on Rails を使ってWebサービスを作れるようになります。

学生インターン特別制度

Fjord Boot Camp は就職が決まったら、その就職先から学費を支払ってもらうものなので、「プログラマーとして就職する」ことを目的にした人だけを対象に、「就職後に学費を支払ってるくれる企業のみに就職すること」を参加条件にしています。自分がどんな職に就きたいかが決まってない学生に、その条件を課すのは酷な話。

でも、プログラミングは楽しいし、プログラマーとして就職することもすごくオススメなので、ぜひ学生の皆さんにもFjord Boot Campを通じてプログラミングを経験してもらいたいと思い、学生は「学生インターン」として、ゆるい条件でFjord Boot Campに参加できる制度を用意しました。

紹介企業ではない企業に就職してもOK

多分、新卒採用の場合は中途採用よりも就職できる企業の数は多いかと思いますが、せっかく選択肢があるのにそれをFjord Boot Campに参加したせいで絞られてしまうのは勿体ないので、紹介企業ではない企業に就職してもOKとします。もちろんFjord Boot Campの紹介企業に就職を希望する場合は、一般のFjord Boot Camp参加者と同じように思いっきり支援します。また、プログラミングを教えるだけでなく、一般のFjord Boot Camp参加者と同じように就職の相談も乗ります。

参加できる時間は応相談

一般のFjord Boot Camp参加者は週24時間以上という条件がありますが、学生の場合は学校が優先なので、その条件はゆるくします。平日はちょこちょこ、試験前は休んで、長期休暇中にがっつりのような感じになると思いますので、平日は何曜日にどれくらいできて、試験前はいつから休むのか、長期休暇中はどれくらいのペースで参加する予定かなどを申し込みフォームのその他のところに書き込んでください。時間が短いとそもそもスキルが身に付かず、Fjord Boot Campをやる意味もなくなってしまうので、学生インターンとして参加できるかどうかはこちらで判断します。

まだ就職先が決まってない人のみ

Fjord Boot Campは研修代行も行っているので、もし就職先が決まってる方は就職先企業と相談して有料の研修代行サービスを使うようにお願いします。研修代行のお問い合わせはこちらからお願いします。

何か仕事をお願いするかも

もしかしたらちょっとした仕事をお願いするかもしれません。とはいえ、プログラムが書けるようになるまでは頼めることもそんなにないので、イベントでピザや寿司を注文してもらうとか、弊社で運営しているサービスのちょっとした雑用をお願いするとか、まぁそんな程度です。

FAQ

学生インターンに必要なものはありますか?

一般のFjord Boot Camp参加者と同じで、自分のMacが必要です。カリキュラムの教材がMacを使って開発をする前提で作られているので、Macがないと勉強をすることができません。プログラミング経験者のみLinuxでもOKです。

リモートからでも参加できますか?

一般のFjord Boot Camp参加者と同じでリモートからでも参加OKです。

応募する前にやっておくことはありますか?

Fjord Boot Campをちゃんと読んでおいてください。あとは大丈夫です。

応募する前に質問をしたいのですが、どこから問い合わせればいいですか?

Fjord Boot Campの質問のフォームからお願いします。

お申込みはこちらから

申し込みの際は、学生インターンシップ希望であることの旨を「その他」のところに書いておいてください。