会社説明ドリンクアップを開催しました

11月20日にフィヨルドブートキャンプで会社説明ドリンクアップが行われました。

会社説明ドリンクアップとは何か

一般的な会社説明会だと下記のような問題があり、それを解決すべく行われたものです。

  • 参加者側も第0次面接のように見られ、気楽に参加できない
  • 固すぎて会社側・応募者側の本音が聞けない
  • 会社側の準備が大変過ぎる

それに対して会社説明ドリンクアップの特徴は下記です。

  • 軽くお酒を飲みながら発表する、聞く
  • 技術系イベントのようなスタイルで現場のエンジニアが話す
  • ネット配信してリモートからも閲覧・質問ができるようにする
  • 終わった後はパーティーになり、自由に聞く

今回は合同会社説明ドリンクアップということで三社合同で行いました。

経緯

元々、就職に向けてプログラミング学習している方から、

「どういう会社があるのかわからない」

「Webに載っているようなパブリックで堅い情報だと参考にならない」

といった意見が多数上がっていて、求人募集をしている企業の方も、

「もっと気軽にたくさんの人に会社を知ってほしい」

「就職希望の人と直接話したい」

という話が出ていたので、簡単で、ぶっちゃけた感じの会社説明会を模索していました。

最初に「リモート会社説明会」という形で開催したところ、就職希望者・企業側の双方からとても評判が良かったので、それにミートアップをくっ付けてやったところ、更に良かったので、単体のイベントにしました。

就職希望者の方にとってはリモート含めて気軽に会社のことが知れ、企業側にとっては人事の人が直接お酒を飲みながら希望者の人と知り合いに慣れるというのは強い感じでした。

会の後に必ずアンケートと会社見学への応募を募っているんですが、見学に何人来た・そこから何人面接に来て何人採用という会社側の数値目標にも良い影響が出やすいようです。

今回の3社

今回は下記の3社の発表がありました。

3社ともrailsを使う会社ではありますが、対象の業界も業務の形も全く違うので求職者にとっては良い選択肢だなと思いました。

こういう会をやると、フィヨルドブートキャンプを初めて日が浅い別業界経験者の方から、

「フレックス制度とかリモートワーク可能な曜日があるとか、待遇が良い会社ばかりですね。」

と言われることが多いんですが、

Web系の会社だと良くある制度なんだよなぁ〜と、我々の業界は恵まれているのかもしれないと思うことしきりです。(もちろんこれらの会社は良い会社さんですよ!)

会の様子

株式会社サイバーセキュリティクラウド (右から)渡辺さん、米田さん

Image from Gyazo

アクトインディ株式会社 大羽田さん

Image from Gyazo

株式会社ラグザイア 毛利さん

Image from Gyazo

サイバーセキュリティクラウドさんの差し入れのバインミーを頬張る人々

Image from Gyazo

Image from Gyazo

Image from Gyazo

Image from Gyazo

今後

今後も定期的にやっていきたいです。もうオフィスだと狭いので次からは場所を借りてやりたいと思います。

フィヨルドブートキャンプの生徒の方達の就職先として提携を結んでいただける会社様、企業説明会に参加いただける会社様がございましたら info@fjord.jp 宛にご連絡いただければありがたいです。

comments powered by Disqus