2017年の会社サイト

このサイトはかなりの難産で、かれこれ7年くらいちまちま作業して、作っては捨てを繰り返してました。

まずはWordPressで作り始めて、次はLokka、それからRailsアプリを作る勉強も兼ねてRailsに移行、やっぱりGithubページで公開したくなったので、Ruby製のページジェネレータのMiddlemanに移行。ちょっと手元で動かして遊んだGo製の静的ページジェネレータHugoが、思いの外立ち上がりが早く開発がしやすかったので、最終的にHugoで作ったものでリリース。

SassとJavascriptはwebpackでビルドしてます。サイトの更新は、komagataさんにCIで自動デプロイをしてくれるようにしてもらいました。ちょっと今っぽい感じのミドルウェアで作ってますが、サイトの構成やデザインの方は、ドーンとメッセージ出して、パララックスにして…みたいなのではなく、あえてブログみたいな感じにしてます(そういう感じにすると、僕がすぐ飽きてまた作り直したくなりそうだったので)。

フィヨルドを始めてからずっと僕とkomagataさんの会社なのに、受託開発では二人一緒に仕事をする機会が稀だったので、これからはもっとセットで使ってもらおうと、今回、受託開発の案内ページも作りました。

お問い合わせフォームはformrunで作成、ブログ記事のコメントはリニューアル前のサイトでも使ってたDisqusを使ってます。GitHub Pagesで公開しています。

2017年のフィヨルドサイト

Release
  • Design
    machida
  • Go
    Go
  • Hugo
    Hugo
  • yarn
    yarn
  • Sass
    Sass